TOPへ



Category List Calendar
2017年 5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2017年 6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
定休日:
定休日は、メール対応および出荷は行っておりません。
翌営業日以降のご対応となります。
ご注文は365日24時間お受けしております。


Mobile
携帯電話でいつでもどこでもショッピング。

トップ > シリーズ > Universal(ユニバーサル) > 革職人 Universal(ユニバーサル)札入れ付きカードケース

左のカード段の下は、マチを付けることでお札を入れることができる札入れにしました。これがこのカードケースの最大の特徴です。
ポケットよりもお札を入れやすく、取り出しやすいため、「カードが多く入るお財布」としても使うことができるカードケースです。
左に8枚、右に8枚、中ベラに両面で10枚。合計で26枚ものカードを収納できるカードケース。ツヤを抑えた上質な牛革と、しっかりとした手触りの綿オックスが大切なカードを保管します。
カード段を浅めにつくることで、どのカードがどこに入っているのか一目瞭然。さらに取り出しやすくなる利点もあります。 中ベラを右側に倒すと、2つのポケットが現れます。カードを使った時のレシートやちょっとしたメモなどを入れるのに便利なポケットです。
中ベラのカード段の位置を調節することで、閉じたときにカードとカードが干渉しにくくなり、スリムな姿になります。画像は26枚のカードと30枚のお札が入った状態で、厚みは3.3cmほどです。 派手な装飾を付けず、革本来の上質さを押し出したシンプルな外見にしました。革をつなげず、1枚で仕上げています。
裏地にはしっかりとした手触りの綿オックスを使い、革とは違う色にすることでアクセントにしました。 内側に革職人のロゴを刻印しました。真鍮製のハンコを専用の機械にセットして、職人が手作業で丁寧に刻印しています。

 
【シュリンクレザー】
人肌の肌理(キメ)のような型押しを施した牛革です。
自然な革よりも傷が目立ちにくい特徴があり、均一的な美しさがあります。
また、光るようなツヤではなく、適度に抑えることで非常に高級感の高い印象を与えてくるのも特徴です。



【綿オックス】
オックスとは、縦糸、横糸を2本ずつ引き揃えて織った生地のことです。厚めの生地でしっかりとした手触り。折り目が綺麗に見えるのも オックスの特徴です。
[サイズ] 横10.5cm  縦19cm  厚さ2.1cm(最大収納時3.3cm ※カードの厚みによって変動)
[素材]  メイン:牛革  裏地:綿オックス
[重さ]  200g
[機能]  カード段×26  マチ付き札入れ×1  ポケット×2

※サイズ、重さは概寸です。


 


革職人 Universal(ユニバーサル)札入れ付きカードケース 革職人 Universal(ユニバーサル)札入れ付きカードケース 革職人 Universal(ユニバーサル)札入れ付きカードケース 革職人 Universal(ユニバーサル)札入れ付きカードケース
革職人 Universal(ユニバーサル)札入れ付きカードケース 革職人 Universal(ユニバーサル)札入れ付きカードケース 革職人 Universal(ユニバーサル)札入れ付きカードケース 革職人 Universal(ユニバーサル)札入れ付きカードケース
拡大画像

革職人 Universal(ユニバーサル)札入れ付きカードケース

商品コード : UN002
価格 : 20,000円(税込)
ポイント : 2,000
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー

選択
ブラウン
ネイビー
ブラック

△・・・残りわずか

×・・・品切れ

ポイント10パーセント還元

5000円以上で送料無料
かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ



この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

レビュー件数:1

評価

2015/09/09

三宅さん

思っていた通りに使いやすいのですが、常時持ち歩いているカードの枚数が多いので、中ベラにも、カードが片面で8枚入ると、うれしかったです。後は、お札が入れられる場所に、間仕切りが有ると、もっと嬉しかったです。厚みが増して、料金が割増だったとしても、買っていました。

1件〜1件 (全 1件)

カートへ
Shopping Guide